「ほっ」と。キャンペーン



現地infoタイランドより 広域にまたがるタイの魅力をお届け 朝から夜まで24時間情報発信中/バンコク/パタヤ/チェンマイ/チェンライ/スコータイ/サムイ/ホアヒン

by genchi_bkk
 
タグ:大使館お知らせ/引用 ( 7 ) タグの人気記事
 
#タイ洪水情報 外務省安全情報引き下げ
外務省より出ています
海外安全ホームページより 「渡航情報」が更新されました。

赤字部分、引き下げ内容です。


ちなみに安全対策の渡航情報は4つのレベルを目安にだされております。
「十分注意してください。」
「渡航の是非を検討してください。」
「渡航の延期をお勧めします。」
「退避を勧告します。渡航は延期してください。」



http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=7#danger

====================================================
●ナラティワート県、ヤラー県、パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡)
  :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)


アユタヤ県、パトゥムタニ県、ノンタブリー県、ナコンパトム県及びサムットサコン県
「渡航の是非を検討してください。」(渡航される方は,情報収集・把握に努め,洪水被害に巻き込まれることのないよう十分な安全対策を講じてください。また,既に滞在中の方は、洪水被害に巻き込まれることのないよう十分な安全対策を講じるとともに,洪水状況の推移・見通しに注意を払いつつ,滞在先周辺に浸水被害が及ぶおそれが認められる場合には,安全な場所の確保若しくは安全な地域への移動など自らの安全確保に努めてください。)(引き下げ)

アユタヤ県内及びパトゥムタニ県内では、工業団地にある日系企業(工場)が洪水被害を受けて、工業団地にある多くの日系企業(工場)が操業停止を余儀なくされておりましたが、一部の工業団地の中には工場再開の見通しが立ちつつある日系企業もあります。しかしながら、冠水はまだ完全になくなってはおらず、注意が必要です。




首都バンコク(ノンジョーク区,バーンケーン区,ミンブリー区,バンコクヤイ区,タリンチャン区,バンコクノーイ区,バーンクンティエン区,パーシージャルン区,ノンケーム区,バーンパラット区,ブンクム区,チャトゥチャク区,ジョムトーン区,ドンムアン区,ラートプラーオ区,バンケー区,ラクシー区,サーイマイ区,カンナヤーオ区,クロンサムワー区,タウィーワッタナー区及びバーンボーン区)
「渡航の是非を検討してください。」(渡航される方は,情報収集・把握に努め,洪水被害に巻き込まれることのないよう十分な安全対策を講じてください。また,既に滞在中の方は、洪水被害に巻き込まれることのないよう十分な安全対策を講じるとともに,洪水状況の推移・見通しに注意を払いつつ,滞在先周辺に浸水被害が及ぶおそれが認められる場合には,安全な場所の確保若しくは安全な地域への移動など自らの安全確保に努めてください。)(引き下げ)

バンコク都内の危険情報(「退避」、「特に注意」及び「注意」)については、バンコク都が発出しております。15日現在、バンコク都は22区の全地域又はその一部の地域に対して、「退避」を勧告しており、これらの22区の全地域又は一部地域においては、タイ政府による排水作業は進んでいるとはいえ、未だ冠水被害が認められますので注意が必要です。




●ソンクラー県(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
  :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

●シーサケート県のプレアビヒア寺院周辺地域(同県のカンボジアとの国境地域東部)
  :「渡航の是非を検討してください。」(継続)



首都バンコク(プラナコーン区,ドゥシット区,バーンラック区,バーンカピ区,パトゥムワン区,ポムプラーブサットルーパーイ区,プラカノーン区,ヤンナワー区,サムパンタウォン区,パヤタイ区,トンブリー区,ファイクワーン区,クロンサーン区,ラートブーラナ区,ディンデーン区,サートーン区,バーンコーレーム区,プラウェート区,クロントゥーイ区,スワンルアン区,ラーチャテーウィー区,ワッタナー区,サパーンスーン区,ワントーンラーン区,ラートクラバン区,バーンスー区,バンナー区及びトゥンクル区
「十分注意してください」(渡航される方は,情報収集・把握に努め,洪水被害に巻き込まれることのないよう安全対策を講じて下さい。また,既に滞在中の方は,洪水被害に巻き込まれることのないよう安全対策を講じるとともに,洪水状況の推移・見通しに注意を払いつつ,自らの安全確保に努めてください。)(引き下げ)

(イ)洪水被害
今次洪水被害は、人的生命への直接的な危害を及ぼすものではなく、市民生活上不都合を引き起こすものであり、いわゆる鉄砲水や津波被害とは大きく異なり、冠水被害が非常にゆっくりと且つ局地的に広がりを見せることにより、一部の運河沿いにおいて局所的・限定的な冠水被害が発生する可能性があるものの、一瞬のうちにバンコク市内の中心部全域にわたって大規模な被害を引き起こす可能性はありません。バンコク都内中心部(特に邦人が多く居住し、経済活動地域でもあるパトムワン区、ワタナー区、クロントイ区及びバーンラック区)の状況は以下のとおりですが、今後ともバンコク都内中心部の一部の運河沿いにおいては、局所的な冠水被害のおそれもありますので、洪水被害に巻き込まれることのないよう安全対策を講じるとともに、情報収集・把握に努め、洪水状況の推移・見通しに十分な注意を払いつつ、自らの安全確保に努めてください。
(a)バンコク都内中心部においては冠水被害はなく、日常生活をしていく上での生活物資の調達などに支障は認められません。
(b)バンコク都内を運行する高架鉄道(BTS)及び地下鉄(MRTA)は一部の駅出入口を閉鎖しているものの、ダイヤの乱れなど無く平常通り全線運行しております。また、スワンナプーム空港における国際線の運行業務は正常に稼働しており、同空港へのアクセス(周辺道路)も特に問題はありません。
(c)電気、ガス、水道などのライフライン、特にバンコク都内の上水はWHOの基準に適合しているなど日常生活に支障が認められません。



====================================================

明日アユタヤへ状況確認行って参ります。 カミエダです。













現地INFOへ
現地INFOウェブサイト



GOOGLE+ はじめました。

<それがこれ↓をクリックしてみてください>



バリ島お取り寄せ人気NO.1コスメ「エリプスヘアビタミン」はこちら!
[PR]
by genchi_bkk | 2011-11-16 18:03 | 時事情報
 
#タイ洪水情報/タイ日本大使館から起こりうる感染症についての注意喚起
10月28日下記大使館からのお知らせが出ておりますので、転記します。

---------------------------------------------------------------------------------------
【大使館からのお知らせ】
(2011年10月28日現在)
洪水発生時に起こりうる感染症についての注意喚起
氾濫した水域の水質は、ガソリン等の油、生活排水、さらには糞尿等により
汚染されている可能性があり、感染症等を発するおそれがあります。現在のと
ころ洪水による特定の感染症の流行の報告はありませんが、念のため以下の感
染症に注意するとともに、やむを得ない場合を除き、氾濫した浸水域への立ち
入り・接近は避けるようにしてください。
1.汚水の経口感染によるもの
(1)起こりうる感染症:コレラ、A型肝炎、腸チフス等
(2)予防策:手洗いを励行し、飲食物の摂取には十分注意してください。飲
料にはできる限りボトル水等を利用してください。
2.汚水の皮膚の傷口や粘膜等からの感染によるもの
(1)起こりうる感染症:レプトスピラ症(※下記参照)、結膜炎、破傷風等
(2)予防策:不必要に水の中に入ることなく、皮膚等が汚水に触れた場合は
清潔な水で十分に洗い流してください。破傷風は釘などを踏んだ際の刺し傷で
感染の危険があるので、ワクチンを接種しておくことをすすめます。
3.蚊の発生増加によるもの
(1)起こりうる感染症:デング熱、マラリア等
(2)予防策:特に洪水の水がひいた後には大量発生が予想されますので、蚊
の対策が必要です。
4.その他
(1)起こりうる感染症:インフルエンザ等
(2)予防策:長期化して疲労が蓄積すると免疫力の低下により様々な感染症
にかかりやすくなります。栄養と休養を十分に取るよう心がけてください。
(※)レプトスピラ症:病原体はドブネズミなどの動物の尿中に存在し、汚水
に触れることで皮膚の傷口等から感染します。潜伏期間は5~14日間で、症
状は、発熱、頭痛等の風邪症状に似た軽症型から、黄疸、出血等多彩な症状を
示す重症型まであります。治療には一部の抗生物質が有効なので、正しく診断
される必要があります。なお、タイ全体では例年数千人の患者発生数がありま
す。詳細は以下の国立感染症研究所(日本語)のウェブサイトを参照してください。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_012/k03_012.html
なお、厚生労働省検疫所 FORTH(日本語)
http://www.forth.go.jp/topics/2011/10181635.html
WHO 世界保健機関(英語)
http://www.who.int/hac/techguidance/ems/flood_cds/en/
のウェブサイトにも、洪水と感染症に関する記載がありますので参考にしてく
ださい。

----------------------------------------------------------------------
http://www.th.emb-japan.go.jp/111028.pdf より引用





現地INFOウェブサイト
現地INFOへ

[PR]
by genchi_bkk | 2011-10-28 17:01 | 時事情報
 
在タイ日本国大使館公式ツイッターより引用
在タイ日本国大使館 、公式ツイッターアカウントにて、
タイ政府等が発表する洪水関連情報を引用し掲載しています。

下記、抜粋し、記載します。



Japan-Embassy Thai
@JapanEmb_Thai

http://twitter.com/#!/JapanEmb_Thai
-------------------------------------------------------------------------
首都圏水道公社声明:

26日、水道公社は、水質低下に伴う飲用前煮沸を推奨する声明を発出しました。概要以下の通り。(水道公社HP:http://www.mwa.co.th/2010/ewt/mwa_internet/ewt_news.php?nid=5354&filename=index_design03)

 現在、洪水によりマハーサワット浄水場に入る水の質が低下したため、上水の色や臭いがWHOの基準を超過した。

しかし、住民が通常通り水を利用するため、水供給を継続する必要がある。現在、公社は水質向上のため調整を行っている。

マハーサワット浄水場から供給される水には、健康に害のある物質は含有されておらず、問題は色と臭いだけであり、消費に際しての安全のために煮沸を推奨する。

マハーサワット浄水場からの水が供給されているチャオプラヤ川西岸地域の住民は、水を飲む前には煮沸するようお知らせする。対象地域は以下のとおり。

ノンタブリ県(ノンタブリ郡及びパークレット西部、バンブアトーン、バーンヤイ、タイノーイ、バーンクルアイ)、サムトプラカーン県(プラプラデーン郡、プラサムットチエディー西部)トンブリ地区(トンブリ区、クローンサーン区、バンコクノーイ区)
(タウィーワッタナ区、バーンプラット区、ノーンケーム区、パーシージャルーン区、タークシン区、バーンボーン区、トゥンクル区、ジョムトーン区、ラーサドンブラナ区、バーンクンティアン区、タリンチャン区)

-------------------------------------------------------------------------------------------

カミエダ
[PR]
by genchi_bkk | 2011-10-27 18:32 | 時事情報
 
大使館お知らせ引用/25日:バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明
25日、在タイ日本国大使館より出されているお知らせです。
現在大使館からでている最新のお知らせですので、記載しておきます。

また毎朝、写真アップしていますので、ブログを通して日々の状況お伝えできればとおもいます。




-----------------------------------------------------------------------------
バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明
(2011年10月25日現在)

25日、20時半より、インラック首相は、バンコク都における洪水被害に関して、テレビで声明を発表しました
(以下は、当館館員がインラック首相の声明を聞き取ったものの骨子です。声明の正確な内容につきましては、タイ政府から正式な声明文が公表され次第、改めて確認いたします)。

1. タイの北部から中央部を通って大きな水の固まりが流れてきている。水の流れのエネルギーは受け止められる能力より大きいため、水はバンコクの内部と外部に侵入する可能性あり。

2. 洪水による水位は、水をどれだけコントロールできるかによって違ってくる。また、土地の高低により一定ではない。

3. (バンコク)西部では北から流れてきた水は、ノンタブリー、バンプラットに影響を与えている。バンコク都は堤防を強化しているが、水は受け止められる能力を超えており、トンブリ及び周辺地域で平均して50センチの洪水となっている。

4. (バンコク)北部では、流れ込む水は運河の戸を閉めホックワー運河から排出し、バンコクの中心を流れないよう対処しており、うまくいけば洪水による水位は50センチメートルを越えない。

5. (バンコク)東部では、ラピーパット運河やクロンセープ運河を使って海に流すが、当初の計画通り進んでも、この地域は他地域より低いことから、洪水の水位は1~1.5メートルが見込まれる。

6. 最悪のケースとして、堤防が崩れる、又は、水位が予想を超えるような場合、バンコクは場所によって高低が異なることから、洪水の水位は10センチメートル~1.5メートルとなると見込まれる。政府は影響が最小限となるように努力するが、本日より国民も万一に備えて財産を高い場所に移して欲しい。

7. 水位が上昇する27~31日を臨時の休日とした。他方、洪水対策従事者は引き続き協力して欲しい。政府は食料品や生活必需品の確保、水や電気の質の確保に最大限取り組む。

8. 国民はパニックになってはならないが、同時に万一に備えて欲しい。この危機を乗り越えられると確信している。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------




「在タイ日本国大使館より引用」
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/111025.htm 


カミエダ
[PR]
by genchi_bkk | 2011-10-26 20:43 | 時事情報
 
バンコク/23日の注意喚起/大使館引用


皆様、

23日の注意喚起 が 在タイ日本大使館より、本日出されております。
ご滞在中の方は、くれぐれもご留意ください。




===========================================================
民主党による街頭演説実施に関する注意喚起(2011年6月22日現在)
1. 治安当局によれば、6月23日(木)、民主党は来る7月3日(日)に実施される下院総選挙の実施に向けて、以下のとおり街頭演説を行う模様です。

 【民主党街頭演説予定】
◎日時:6月23日(木)17:00~23:00

◎場所:セントラルワールド前の広場(ステージを設置)

◎人数:数千人が参集する可能性有り

2. 街頭演説が行われる前後を含めセントラルワールド周辺では交通の混乱等も予想されます。報道等を通じ最新情報の入手に努め、安全に十分注意を払ってください。

==========================================================

民主党による街頭演説実施に関する注意喚起(2011年6月22日現在)
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/110622.htm
[PR]
by genchi_bkk | 2011-06-22 19:18 | 時事情報
 
タイ 禁酒日 実施のご連絡
下記のとおり、
タイ観光局より、発表されております。


滞在予定の方は、ご留意くださいね。


旅行客も同様、

下記時間帯の飲酒は
法律違反になりますので、ご注意くださいませ。




=========================================================
タイ総選挙実施による禁酒日

2011年7月3日のタイ総選挙の実施により、以下の日程・時間帯が禁酒日(酒類販売禁止)となります。

‐ 2011年6月25日18:00~6月26日24:00まで
‐ 2011年7月2日 18:00~7月3日24:00まで

- between 18.00 ( 25 June ) - 24.00 ( 26 June )
- between 18.00 ( 2 July ) - 24.00 ( 3 July )

※6月26日は不在者投票日です。
※タイ全土が対象となります。

==========================================================


(タイ国政府観光局丁HPより http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=d0160398 )
[PR]
by genchi_bkk | 2011-06-21 21:09 | 時事情報
 
日本大使館よりご連絡/引用
在タイ日本大使館からの下記お知らせが出ておりますので、
取り急ぎ引用にてご連絡。(
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/110526.htm)

滞在予定の方ご留意くださいませ。
=======================================================
~大使館からのお知らせ~

2011.5.26

国内治安維持法(ISA)の適用解除(2011年5月26日現在)
1.24日、タイ政府は、市民民主化同盟(PAD: 通称「黄シャツ・グループ」)及び反独裁民主戦線(UDD: 通称「赤シャツ・グループ」)等によるデモ集会等の抑止及び規制を目的として、5月24日までとしていた国内治安維持法(ISA: 対象地区~バンコク都内7区)の適用期間延長を行わない旨決定し、同法のバンコク都内7区への適用は、25日より解除されました。

2.現在、バンコク都の治安は比較的安定していますが、国内情勢の推移(7月3日の下院議員総選挙戦に伴う動向等)によっては、今後とも不測の事態が生じる可能性は排除できない状況にあります。

3.つきましては、報道等から政治、治安等に関する最新情報の入手に努めるとともに、不測の事態に巻き込まれないよう十分な安全対策をとってください。


=====================================================
[PR]
by genchi_bkk | 2011-05-27 21:41


♪お知らせ♪
*********************
現地infoブログが
移動しました!


現地infoバンコク
最新情報をチェック!
*********************
厳選ホテル予約など↓

現地infoへ
現地infoウェブサイト


Google+もよろしく



*********************
【現地いつでも相談室

「他社の方が安い!!」
「ここのホテル詳しく知りたい!」
現地infoご相談窓口です♪
ツイッターからお気軽に。



*********************


カミエダのつぶやき
検索
タグ
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧